シャドウバース攻略の最先端

Shadowverseの攻略記事を中心とした最新情報をお届けします。全クラスマスター称号所持。RAGEプレーオフ決勝進出経験あり。毎日更新。

【十禍絶傑】姦淫の絶傑・ヴァーナレク の評価【シャドバ】【シャドウバース】

クラス:ヴァンパイア レアリティ:レジェンド 収録:十禍絶傑

姦淫の絶傑・ヴァーナレク 3/1/3→3/3/5

相手のターン開始時、直前の自分のターンに自分のリーダーがダメージを受けていたなら、+1/+1する。

【ファンファーレ】「このバトル中、自分のターン中に自分のリーダーがダメージを受けた回数」が7回以上なら、相手のフォロワー1体を破壊して、+1/+1して、疾走を持つ。

 

評価

ローテーション評価:S

 

ヴァンパイアのレジェンドカード。

3/1/3でありながら、自傷条件さえ満たせば相手ターン開始時には3/2/4となる。

序盤の3/2/4は処理が難しく、次のターンまで生存していれば3/3/5のスタッツになることも多いだろう。

先3のヴァーナレクと闇の街のプレイがシルヴァククルと同様に最強クラスのムーブ。

中盤以降ではもう一つの能力である7回自傷の条件が達成され、破壊しつつ疾走という3コストとは思えない破格のカードとなる。

ヨルムンガルドや蝙蝠など、どのような自傷ヴァンパイアのデッキにも3枚採用されるエース的カード。

 

ローテーション評価はSとした。

今後のヴァンパイアにおいてこのカードは基本的に3枚採用が基本となるだろう。既存のデッキタイプとヴァンパイアというクラスの底上げをするカード。