シャドウバース攻略の最先端

Shadowverseの攻略記事を中心とした最新情報をお届けします。全クラスマスター称号所持。RAGEプレーオフ決勝進出経験あり。毎日更新。

【十禍絶傑】真実の絶傑・ライオ の評価【シャドバ】【シャドウバース】

クラス:ウィッチ レアリティ:レジェンド 収録:十禍絶傑

真実の絶傑・ライオ 7/7/7→7/9/9

【ファンファーレ】スペルブーストを持つデッキのカードすべてを、9回スペルブーストする。

 

評価

ローテーション評価:C

 

ウィッチのレジェンドカード。

ファンファーレでデッキの中のカードを9ブーストとこれまでにない独自の効果持ち。

7ターン目にプレイして、そこからドローを回せば8pp以降の動きが強力になるかもしれない。

もしくは、8ppで真実の使徒(2/2/2の新カード)でデッキの中のギガキマをサーチできれば手札に溜めておいたスペルブーストに加えて、9ブーストがかかったギガキマを手札に加えられるので相当なダメージが出るか。

7ターン目のプレイが基本的にライオ単体になることに加えて、7ターン目以降にプレイするチャンスはほとんどない。先7でなんとか置けるか置けないかといったところ。

このカードを複数プレイするチャンスはほとんどのデッキ相手にないと考えられ、アクセラレートもついていないため事故要因にもなり、序盤に引いた時はデッキを回すことを阻害するカードとなってしまう。

このカードを活かすなら導きや統一などの複数ドローカードを手札に溜めておくことで、8ppにデッキからフレデスなどを引きこみプレイするといった戦術が考えられる。

もしくはアルルメイヤのドロー効果を最大限に使って戦う感じになるか。

どちらにせよカードの引きに大きく依存するうえに、確実に7ppでこのカードをプレイできる保証もないのが気がかり。

 

ローテーション評価はCとした。

現状のギガントキマイラウィッチに組み込むというよりは、このカードを活躍させるために専用構築が必要になる感じだと思われる。新しいデッキタイプとなるが活躍はしにくいのではないかと予想した。