シャドウバース攻略の最先端

Shadowverseの攻略記事を中心とした最新情報をお届けします。全クラスマスター称号所持。RAGEプレーオフ決勝進出経験あり。毎日更新。

【シャドバ】イピリア抜き、7/18ナーフ後も使えるアグロエルフのデッキ紹介【Brigade of the Sky / 蒼空の騎士】

はじめに

今回はナーフ後を意識したアグロエルフのデッキ紹介です。

 

7/18のナーフによってイピリアが5コストから6コストに変更されるわけですが、おそらくそれでも採用可と考える人と、採用不可と考える人に分かれると思います。

 

私はあまりアグロエルフは熱心に使っていたわけではないのですが、アグロエルフの1番の強みはイピリアよりも序盤の調べを使った超展開と使役者のリーサルにあると思うので、イピリアなしアグロエルフはまだまだ現役だと思っています。

 

しかし、勝ちプランの1つとしてあった、イピリアを対空で使いまわしてリーサルという動きが出来なくなるのは弱体化には違いありませんね。

 

というわけで、本記事では一応イピリアを抜いたアグロエルフのデッキを紹介してみようと思います。

本日のプロリーグのデッキにも入っていたあのカードを採用したアグロエルフになります。

 

それではデッキ紹介をご覧ください。

 

アグロエルフのデッキ紹介

1コスト

ゴブリン3

ウォーターフェアリー3

対空射撃3

2コスト

フェアリーウィスパラー3

リーフマン3

エルフの鍛冶師・レーネ3

インセクトキング3

歴戦の鷹匠3

妖精の調べ3

茨の森3

3コスト

大魔法の妖精リラ2

スターリーエルフ3

バッタの指揮者2

4コスト

妖精の使役者3

 

おわりに

ナーフ後を意識したアグロエルフのデッキ紹介でした。

イピリアという打点換算出来るカードが落ちることを、バッタの指揮者で使役者をサーチできるようにして補っているという形ですね。

 

ビートルやイピリアが落ちてもなおBOS環境のカードが全く入らないというのも面白いです。

それほどまでにそれまでのカードで完結してしまっていたということですね。

 

バッタの確定サーチよりも高コスト帯を増やしたいという方はアレアを入れても面白いとは思います。

 

後は早いミッドレンジみたいな形にして翠嵐を入れるのも良いチューニングの1つだと思いますね。

 

おそらくですが、ナーフ後環境では人形ネメシスが今までより増えると思うので、そこへのカウンターとなる茨の森が入るエルフというクラスも相対的に評価は上がると思うんですよね。

 

イピリアのマイナス分と合わせてもとんとんくらいの評価にはなると思っています。

 

 

ナーフまであと少しですが、とりあえずは今の環境でランクマッチやグランプリを頑張りつつ、ナーフ後環境も考えていけたらなと思っています。

それではお互い頑張っていきましょう!