シャドウバース攻略の最先端

Shadowverseの攻略記事を中心とした最新情報をお届けします。全クラスマスター称号所持。RAGEプレーオフ決勝進出経験あり。毎日更新。

【シャドバ】ミッドレンジロイヤルのデッキレシピ【Brigade of the Sky / 蒼空の騎士】

はじめに

ミッドレンジロイヤルのデッキ紹介です。

 

今環境が始まる前はガウェイン、ルミナスメイジ、援護射撃という前環境を支えたカード達がスタン落ちしてしまうことから厳しいんじゃないかと言われていたミッドレンジロイヤルですが、いざ、始まってみると性能の高さを発揮して現在ではtier1候補の位置をキープしています。

 

スペルへの耐性や横展開の強さなど理由はいくつかあるのですが、個人的にはドラゴンナイツの強さが想像以上だったことが1番の要因だったかと思います。

状況に応じて出せる4枚のカードはどれも強力で、特にエンハンス8でプレイするときは単純に5コストが2枚+セット出しで能力も上がることが多く十分なコスト踏み倒しに成功していると言えるでしょう。

 

アーサーを返してもドラゴンナイツが再度展開してくる、1体でも残せばフォートレスの恐れもあると、7コスト8コストの動きは以前よりも安定し強化されたと思います。

 

それでは、デッキレシピの紹介です。

 

ミッドレンジロイヤル

1コスト

白と黒の決闘3

2コスト

刃ネズミ3

クーフーリン3

ホーリーナイトベア3

空の指揮官・セリア3

3コスト

静かなる炎将・マーズ3

魔導狙撃士・ワルツ3

小さな聖騎士・シャルロッテ3

4コスト

先陣の騎兵2

5コスト

円卓会議2

ドラゴンナイツ3

6コスト

アックスデストロイヤー2

真紅の穿光・ゼタ2

7コスト

騎士王・アーサー3

8コスト

スカイフォートレス2

 

おわりに

マリガン

2コスト・3コストの動きを最優先します。

後攻では先陣の騎兵キープなど。

 

プレイング

盤面の優位を活かしつつ、疾走で削り切ることも出来るデッキです。

ゼタから手札に加わる、ベアトリクス、ドラゴンナイツ、絶望セリアと疾走フォロワーがそれなりの枚数入っているため、リーサルが見えたときは盤面を無視して顔にいくのも必要で重要です。

ウィッチやビショップなど、盤面に打点を与えてくるクラスが相手の時には、マグナスとシャルロッテがかなり重要となるので、シャルロッテに進化権を残す立ち回りも大事になります。

もしくは、天狐の対策としてアックスデストロイヤーを採用しているので自然に無理なく天狐をとれると勝ちがかなり近づきます。

 

対策

このデッキが苦手としているクラスは良くも悪くも特別ありません。

ただ、特定のクラスに刺さるカードがそのマッチングで引けなかったりすると苦しいです。

対ウィッチでシャルロッテも白黒も1枚も引けなかったときなど。

安定しているとも言えるし、極端に上振れがないとも言えるので、自分のデッキの強い動きを最大限押し付ければデッキパワーで上回れる可能性は高いです。

 

総括

前環境と入っているカードにもほとんど差がないので、前環境ロイヤルを触っていた人なら同じような感覚で回せるデッキかと思います。

ロイヤルはガウェインがいなくなったこともあり、ミラーで後攻が先7アーサーを返す手段が厳しいのでミラー戦は先行を全力で取ってください。

環境にロイヤルが多いと感じている方は、嵐の槍使いを入れるのが先3マーズが取れたりもするし、1番ミラー対策になっているかと思います。

私はミラーを意識するより対ビショップや他のクラスを意識すべきだと思い上記のデッキを使っています。

 

そうやって環境に合わせて数枚チューニングできるのもロイヤルの強みですね。

上記のレシピを参考に自分だけのロイヤルデッキを見つけてみてください。