シャドウバース攻略の最先端

Shadowverseの攻略記事を中心とした最新情報をお届けします。全クラスマスター称号所持。RAGEプレーオフ決勝進出経験あり。毎日更新。

【シャドバ】ローテーション・オリジナル天狐ビショップの組み方【Brigade of the Sky / 蒼空の騎士】

はじめに

シャドウバースのデッキの組み方ってなかなか難しいですよね。

自分で1から40枚を組もうとすると色んなカードが目に入ってしまって大変です。

ですので、本記事では現在大流行している天狐ビショップの組み方を例に、だれでも簡単に強いオリジナルデッキが組めるおすすめの方法を書いていこうと思います。

そして、その過程で今私が使っている天狐ビショップのレシピも載せようと思います。

それでは、どうぞ!

 

デッキコンセプトを決める

まずは、どんなデッキを組みたいか決めましょう。

例えば、ミッドレンジエルフやアグロヴァンパイアなど聞いたことがあると思います。

他にも、使いたい軸のカードを決めて、ギガントキマイラウィッチやアーサーロイヤルのようなデッキもそれですね。

 

今回の例でいうと天狐ビショップです。

この、コンセプトが決まると、そのデッキに入る強いカードというのがある程度確定します。

よく、確定枠なんて言葉で呼ばれたりもしますね。

今回の天狐ビショップの確定枠はこのような感じになります。

 

封じられた法典3

星導の天球儀3

愚神礼賛3

内気なアルミラージ3

詠唱:白牙の神殿3

天狐の社3

ケリュネイア3

七宝石の姫・レ・フィーエ3

 

この時点で24枚ですね。

この8種24枚については誰が組む天狐ビショップでも確定するであろうカードで、デッキコンセプト上抜けない強力なカードになります。

 

デッキによっては確定枠が30枚を超えるものもあり、そういったデッキは良くも悪くもテンプレなどと呼ばれたりして個性が出にくいですね。

前期のアーサーロイヤルなんかを思い浮かべていただければと思います。

 

それではこの確定枠まで決まったら後は自由枠を詰めていく形になります。

 

デッキの自由枠を埋める

今回は確定枠で24枚を占めてますので残り16枚を決めていきます。

 

まずはバランスを考えましょう。

上の自由枠には2コストが礼賛の3枚しか入っていません。

天狐は後半のまくりが強いデッキですが、2ターン目パスはさすがにつらいのでここをまず埋めなければいけません。

例えば、

スノーホワイトプリンセス3

ホーリープリースト・ロレーナ3

漆黒の法典3

詠唱:宝石の甲羅3

を入れてみたとしましょう。

これで2コストが15枚ですね。

かなり安定して動ける枚数が確保できました。

 

そして後は残り4枚ですね。

この時点でコストのバランスかなり良い感じにはなっているので、環境のデッキを考えて対策カードなどを盛り込むのが1例です。

例えば、ミッドレンジロイヤルが流行っているのでアーサーの返しとなる、

希望導く聖乙女・ジャンヌ2

ギガントキマイラウィッチに負けないように、

神の盾・ブローディア2

これでデッキが完成しました。

 

後は実際にランクマッチをやりながら微調整を繰り返していくわけです。

同じコンセプトのデッキと当たった時に相手は何を採用しているのか、その意図は何かを考えるのも必要なことですね。

 

おわりに

デッキを組む行程というのを簡略化はしていますが記してみました。

コンセプトさえ決まっていれば結構な枚数が確定するので残りの自由枠で個性を出していけば良いわけです。

ですが、コンセプトから自分で考えるとなるとかなり大変になります。

hasu選手のマンモス超越ドロシーや直近だと前回RAGEのソルト選手のドラゴンなどがそういった類ですね。

こういったデッキを組んでこそ完璧なオリジナルデッキと呼べるのでしょうが、相当難易度は高いです。

自分しか使っていない最強のデッキ、憧れますけどね。

 

ですが、まずは、コンセプトから組むところから始めるのが良いと思います。

そこからアレンジを加えていくのが1つのオリジナルデッキへの道筋ではないでしょうか。

新環境始まったばかりですので、どんどん自分だけの新しいデッキを組んでいきましょう!

私も試行錯誤しつつ、新環境楽しんでます。