シャドウバース攻略の最先端

Shadowverseの攻略記事を中心とした最新情報をお届けします。全クラスマスター称号所持。RAGEプレーオフ決勝進出経験あり。毎日更新。

グランプリ2pick攻略 挑戦レポート 5日目

はじめに

今日からは第2ラウンドAグループの戦いがスタートしました。

さくっと初日で決勝進出を決めたいところですがどうなるでしょうか。

サッカーW杯ではアルゼンチンがクロアチアに負けるなど、今大会は波乱が続いてますね。寝不足が続いて大変ですがこのW杯の時期は良い試合がたくさん観れて楽しいです。

 

さて、そんなわけで本日も対戦やっていきましょう。

 

対戦レポート

リーダー選択 デッキ構築

ネメシス・ウィッチ・ネクロからの選択。

選びたいリーダーがいぬ。

迷うけどモルディカイの強さを見たいのでネクロマンサーで挑むことにしよう。

pick開始。

あ…モルディカイ1枚しか引けなかった。。

レジェンドカードがミント1災厄2蠅1アーカス1

全体的にまとまってはいるもののパワーカードが少ないのが気がかり。

低コストから高コストまでバランスよくピック出来たのでそこは救いか。

2枚引けている災厄がどれだけ活躍するかもポイントになりそう。

よし、対戦開始だー!!!

 

1戦目

対ドラゴン

後攻

マリガンで手札にモルディカイが。

8ppまで進化権を残してきれいに着地を目指したいところ。

4ppで災厄進化で出せるも、先5闘気を撃たれる展開。

しかし、災厄が盤面に残ったので再び災厄進化で横に守護。

相手は相当災厄に圧力をかけられているはず。

が、オウルガーディアンで一気に盤面は相手有利に。

返すも灼熱で盤面は空に。

そこでこちらは蠅で盤面展開。

相手はラースドレイクに最後の進化。

こちらは返しのモルディカイ進化がラスト進化。

ここまでのプランは非常にうまくいっている。

モルディカイで除去しながら不死の大王から有利な盤面を作ってフィニッシュ。

最初の手札からのゲームプランが綺麗に決まった形。

1戦目勝ち。1-0。

 

2戦目

対ロイヤル

先行

序盤がやや苦しい。

4ターン目にプレイできるカードが厄災しかなくパス。

相手は後4で先陣進化。相当苦しい。

返しの災厄進化は銀嶺で一方処理。

相手の盤面有利を返しきれずに押し切られて負け。

序盤から良いところなしの戦い。

パワーの差だったと思う。

2戦目負け。1-1。

 

3戦目

対ドラゴン

後攻

マリガンで2コス+災厄でキープ。

1戦目を活かして災厄で圧力をかけていく展開を狙う。

4pp災厄進化、盤面に残った災厄を5ppで再び進化。

6ppではカードの効果で再び進化。

災厄だけで相当な体力と相手のリソースを削り切る。

相手は8ppのオーディンでようやく災厄の処理に成功するも、返しに盤面+タイラントでリーサル。

完全勝利。災厄が最強だった。

3戦目勝ち。2-1。

 

4戦目

対ドラゴン

先行

マリガンでモルディカイ単キープ。

無事に2コス3コスと引けたので安心。

5ppで災厄進化。これが本当に強いことを学んだ。

ただし今回はスタフェニ+ファイリザ進化でちゃんと処理。

ここまでで進化権はお互いに残り1。

こちらはモルディカイまでは可能なら残したいところ。

バロールが強かったこともあって相手は盤面強く返すことが出来ずに無事に8ppモルディカイ進化。

そのままモルディカイで勝ち。

4戦目勝ち。3-1。決勝進出リーチ。

 

5戦目

対ネクロ

先行

ここにきてネクロミラー。

ネクロの強みは分かってるからうまくやりたいところ。

が、4ppの動きがリリエル、5ppの動きがラビットネクロマンサーとめちゃくちゃ弱い。

体力をかなり削られて、最後残ったライフ3をフェイスに3点飛ばされてリーサル。

相手の完勝。

5戦目負け。3-2。決勝進出ならず。

 

おわりに

Aグループ初日、今回はネクロで挑んでみました。

結果を見ると3-2ですが、勝った3試合は全てドラゴンで、ドラゴンに対する有利っていうのは構築戦同様あるのかなと感じました。

モルディカイで勝つつもりでネクロを選んだのですが、想像以上にpickの災厄が強かったので、思った以上にネクロマンサーというクラスに可能性を感じました。

ただ、単体のカードの強さというよりも、カード間の組み合わせで戦うクラスなのでその点で噛み合わない時の弱さっていうのはあるかもしれませんね。

それを知れたのもちょっと収穫でした。

こうなると本当にどのクラスを選択すべきか悩みますね。

ロイヤルの1強は疑ってないですが、その他のクラスに優劣はなかなかつかないんじゃないかと思います。

 

それでは本日はここまでです。

今日、決勝進出を決めた方も残念ながらまだだよっていう方もこれからあと少し頑張っていきましょう!