シャドウバース攻略の最先端

Shadowverseの攻略記事を中心とした最新情報をお届けします。全クラスマスター称号所持。RAGEプレーオフ決勝進出経験あり。毎日更新。

グランプリ2pick攻略 挑戦レポート 2日目

はじめに

昨日に引き続いてグランプリの対戦レポートをやっていきたいと思います。

なんとなくですが、どのリーダーが強いとか感覚的に分かってきてる人も多いのではないかと思います。

皆が試行錯誤してやるイベントなので楽しいですね。

それでは早速ですが対戦の方に入っていきましょう。

 

対戦レポート

リーダー選択 デッキ構築

今回選ばれたのはビショップ・エルフ・ドラゴンでした。

んー昨日はドラゴンを使ったから今日はビショップかエルフにしよう。

ピック次第で強力な動きが出来そうなビショップを選びました。

それではピック開始。

んーまあまあ。

ケリュネイアが2枚引けたので多めにアミュレットをキープ。

獣姫が2枚あるのでこれをケリュネイアで割る動きが出来たら強いかも。

オリヴィエも引けたのでがんがん進化を切って勝負したいところ。

さて、それでは対戦いってみましょう!

まだ4勝出来てないので今日決めたいところですね。

第1戦目

対ロイヤル

先行

先行しか引かねえ…。(昨日のレポート参照)

実際、ここまでパワーカードばかりだと先後どっちが有利か分からないからまあ気にせず。

相手が4pp目ガウェイン進化。つえーよ!

返しに宝石の巫女・獣姫・ホワイトを設置して、次の先6ガルラで獣姫を割る構え。

相手は疾走プランでライフを削りにくるが、大修道女の回復で圏外に逃げ切る。

お互いに手札が2枚と3枚になり、結構トップ引き次第の展開に。

ドラゴニュート・シャルロットが取れなくて負け。

盤面に干渉できるカードが多いロイヤルはやっぱり強い。

初戦負け。0-1。

 

第2戦目

対ネクロ

後攻

黄金ムーブである2ターン目獣姫を決める。

相手に2ベレヌス3スカリンと広げられるが、4ペガサスデュラハンからの5お茶会で盤面を取り返す。

6pp目に再度獣姫を設置し、7ケリュネイアでお茶と獣姫を割る展開。

完璧に近い試合。この動きが出来れば最強。

2戦目勝ち。1-1.

 

第3戦目

対エルフ

後攻

エルフと当たるのは初めてか。

再び2獣姫からスタートだが、相手は1ウォーターフェアリー2ユニコとしっかり動いているためややライフが気になるところ。

しかし、3パスだったためやや余裕が。

獣姫が開くターンに犬を出せる展開で盤面は有利に。

フェアリーを4対並べて調べを撃った返しに清き殲滅で一気に消滅。

オリヴィエで進化権を回復されるが、残り体力4をタウラスの疾走で削り切って勝ち。

危なかった。

3戦目勝ち。2-1.

 

第4戦目

対ロイヤル

後攻

1ヴァンガード2ペルセウスとアグロロイヤルかっていう動き。

こちら2獣姫を置いているので開くところまで耐えれば勝てる。

4ppで宝石の巫女進化に犬を合わせて出してセーフ。

獣姫開くターンにお茶会出して盤面最強に。

6pp目のアルミラ進化でリーサル。

後6リーサルという最速試合か。

4戦目勝ち。3-1。4勝リーチ。

 

第5戦目

対エルフ

先行

全力で獣姫を引きにいくマリガン。引けず。

獣姫のパワーに結構頼ってるため獣姫が置けないと結構苦しい。

相手は4ppでアリア進化。

ケリュネイア進化で無理やり処理だが相当に苦しい。

6ppのベルエンジェルの裏に出されたシンシアが取れず、7ppでウィスプ+ティアで出されてゲームセット。

5戦目負け。3-2.

 

おわりに

商品は80ルピ+1パックでした。

またしても3-2ということでまだAグループ進出を決めれてません…。

今日、数回挑戦して決めたいところです。

1日5回の挑戦はほとんどの人に決勝ラウンドに進んでほしいっていう運営の優しさのように感じます。

 

今回思ったのは、やっぱり盤面に干渉できるカードが多いデッキは強いってことですね。

ロイヤルの突進、疾走系やルミナスメイジは特にそれが顕著で、間違いなくtop3には入るクラスだと思いました。頭1つ抜けて1番強いまであるかもしれません。

エルフもティアが強かったですね。すごく懐かしくなりました。

一番最初に組んだデッキにティアが入っててめちゃくちゃ思い入れのあるカードです。

こういう昔のカードが使えるのは長く遊んでる人にとっては楽しいですし、最近始めた人にとってもカードを知るきっかけになって良いですよね。

すっごく楽しいイベントです。

 

明日も対戦レポートという形で更新すると思うので良ければまた見てください。

もう既にAグループ進出を決めてる方もいるとは思いますが、これからも頑張っていきましょう!