シャドウバース攻略の最先端

Shadowverseの攻略記事を中心とした最新情報をお届けします。全クラスマスター称号所持。RAGEプレーオフ決勝進出経験あり。毎日更新。

【シャドバ】新カード評価・アディショナルカード評価(ネメシス)【起源の光、終焉の闇】

今回初となるシャドウバース、シーズン途中の追加要素である新カード、アディショナルカードについて主観的評価を書き連ねたいと思います。
ローテーション・アンリミテッドの各SABCDの5段階評価でいたいと思います。
今回はネメシスについて書きます。

 

ネメシス

魔導電磁サイ 7/0/7 【突進】

【攻撃時】アーティファクト電磁サイ3枚をデッキに加える。
【ファンファーレ】+X/+0する。Xは「自分のデッキに残っているアーティファクト・カードの枚数」である。

 

アーティファクト電磁サイ 7/0/7 【突進】


【攻撃時】アーティファクト電磁サイ3枚をデッキに加える。
【ファンファーレ】+X/+0する。Xは「自分のデッキに残っているアーティファクト・カードの枚数」である。

 

評価

ローテーション:D

アンリミテッド:D

 

待望のネメシスの新レジェンド…となるはずだったサイ。

解説の仕様がないのだが、デッキに自身と同等の効果を持つアーティファクトカードを埋めつつ突進で相手の除去が出来る。

7ppがうまくいけばちょうどマキナの次のターンということで、手札を流していれば加速装置・ハクラビで盤面を取り返すや、アーティファクトを埋める動きをするターンとなりこのカードをあえて出す意味が非常に薄い。

あえて、使うならクリスタルキャノンを採用としたプライムアーティファクト軸にもしかしたら入るかも程度だが現状ではそれも難しいか。

せめて、人形軸の序盤を支える新レジェンドが欲しかった。

ローテーション・アンリミテッド共にD評価とする。

 

 

心無き決闘 5コストスペル

・ロイド
・ヴィクトリア
【チョイス】したカード1体を出す。操り人形 1枚を手札に加える。
【エンハンス】7;【チョイス】したフォロワーは+0/+3されて、必殺を持つ。

 

評価

ローテーション:D

アンリミテッド:D

状況に応じて守護か突進のカードをチョイスし、手札に操り人形を1枚加える。

エンハンスで使った場合、ロイドは1/7必殺守護となり、1枚で数枚のリソースを割かせられるかもしれない期待はある。

しかし、5コスト・7コストで出すカードとしてはパワーがとても低く、現状でも人形軸・アーティファクト軸共にこのカードを採用する意味はほとんどないと思われる。

ローテーション・アンリミテッド共に評価はDとする。

 

 

ローテーションネメシス総評

現状維持。

今回追加された2枚はまず構築戦で見かけることはないであろう。

ということは現行のカードで戦うことになり、エルフ・ロイヤル・ネメシスの3トップ言われていた環境だが、新カードの追加によりドラゴンの評価が大幅に上がり、それに伴いロイヤルの減少が若干向かい風ではある。

しかし、ネメシスというクラス自体がまだ登場してから間もなく、次弾以降で更なる発展をする可能性は十分にあり、現状でもデウスエクスマキナを軸としたAFネメシスの力は健在である。

マキナが存在する限りAFネメシスが環境から消えることはないであろう。

次弾では人形軸の更なる強化に期待したい。