シャドウバース攻略の最先端

Shadowverseの攻略記事を中心とした最新情報をお届けします。全クラスマスター称号所持。RAGEプレーオフ決勝進出経験あり。毎日更新。

【シャドバ】新カード評価・アディショナルカード評価(ヴァンパイア)【起源の光、終焉の闇】

今回初となるシャドウバース、シーズン途中の追加要素である新カード、アディショナルカードについて主観的評価を書き連ねたいと思います。
ローテーション・アンリミテッドの各SABCDの5段階評価でいたいと思います。
今回はヴァンパイアについて書きます。

 

 ヴァンパイア

 レジェンド 人狼の王・ヴァルツ 3/3/2

自分がブラッドムーンをプレイしたとき、このフォロワーは進化する。

ファンファーレ

ブラッドムーン1枚を手札に加える。

 

評価

ローテーション:S

アンリミテッド:S

 

3/3/2の攻撃的な標準スタッツでファンファーレでブラッドムーンを手札に加える効果、ブラッドムーンプレイ時に自身を進化させる効果を持つ。

復讐ヴァンパイア・コントロールヴァンパイアには今後文句なく3枚投入されるであろうカード。

効果に欠点がなく、まさしくレジェンドカードといったところ。

ヴァンパイアを強化しなくてはという運営の意思の表れか。

先行糸蜘蛛からのヴァルツが単純かつ強力な動き。

ローテーション・アンリミテッド共に文句なしのS評価。

 

 

ゴールド 宵の吸血鬼・ヴァーニア 2/1/1

・白夜の吸血鬼・ヴァーニア
・真夜中の吸血鬼・ヴァーニア
手札にあるとき、自分の残りPPが2以上で、復讐状態なら【チョイス】したカードとしてプレイする。

ファンファーレ

フォレストバッド1体を出す。

白夜の吸血鬼・ヴァーニア 2/1/1

自分の場にフォレストバットが出るたび、自分のリーダーを1回復。

ファンファーレ

フォレストバット1体を出す。

真夜中の吸血鬼・ヴァーニア 2/1/1

自分の場にフォレストバットが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。

ファンファーレ

フォレストバット1体を出す。

 

評価

ローテーション:B

アンリミテッド:C

 

スタッツは眷属の召喚であり、復讐時に回復やバーンダメージのおまけがついている。

眷属の召喚と違うのは本体がフォレストバットではないため、コンボとして扱う際に1フォレストバット分損をすること。

現状では復讐状態のアドバンテージ効果より、フォレストバット2枚を出せる眷属の召喚の方が優先度は高いと思われる。

バフォメットのサーチに引っかかってしまうのも気がかり。

少し使いづらさを感じるが、1枚で1/1横展開の動き自体は決して弱いわけではなく十分採用候補にはなるであろう。

ローテーションではカードの種類が少ないこともあり、より選択肢は入るカードということでB評価。

アンリミテッドでは他の競合カードよりやや優先度が下がるであろうことからC評価とした。

 

 

ローテーションヴァンパイア総評

ヴァルツのおかげで大幅強化。

今環境やや鳴りを潜めていたヴァンパイアを強くしたいという意思を感じた。

新パックでの更なる強化に期待だが、現状でも復讐・コントロール共に相応の強さが保証されていると思われ、今月はランクマッチでよく見かけることになるのではないだろうか。

久しぶりにこれこそレジェンドカードって感じがした。