シャドウバース攻略の最先端

Shadowverseの攻略記事を中心とした最新情報をお届けします。全クラスマスター称号所持。RAGEプレーオフ決勝進出経験あり。毎日更新。

【シャドバ】新カード評価・アディショナルカード評価(ネクロマンサー)【起源の光、終焉の闇】

今回初となるシャドウバース、シーズン途中の追加要素である新カード、アディショナルカードについて主観的評価を書き連ねたいと思います。
ローテーション・アンリミテッドの各SABCDの5段階評価でいたいと思います。
今回はネクロマンサーについて書きます。

 

ネクロマンサー

レジェンド 幽霊支配人・アーカス 7/6/6

ファンファーレ

このバトル中、自分のリーダーは「自分が元のコスト3以下のフォロワーをプレイしたとき、それを破壊する。その後、ゴーストX体を出す。Xは「そのフォロワーの元のコストの値」である」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。

 

評価

ローテーション:A

アンリミテッド:B

 

ミッドレンジネクロマンサーにおける7コスト枠ヘクターに続いての切り札的なカード。

ファンファーレ・ラストワード共に発動してからゴーストを出す効果が優秀。

2コスト・3コストが終盤になっても腐らずに活躍してくれるように変換してくれるカードで、ここから10ppアイシャの10点疾走に繋ぐ動きは強力に思われる。

9ppの2コスト+ネクロマンス8ヘクターで疾走6点+ゾンビ2枚で4点×2の盤面処理など単純に強そうではある。

効果が重複しないので2枚以上引いてしまった時にやや苦しくなるのは懸念点か。

ヘクターがスタン落ちした後も今後のミッドレンジネクロマンサーを支えるカードとなるでしょう。

ローテーションでは不死者や闇の従者などとのさらに強力なコンボは使えないが、今後のパックで類似効果を持ったカードが登場する期待も込めてA評価とする。

アンリミテッドではネクロマンサーはリアニメイトや骸の王などミッドレンジよりも強力なデッキタイプが存在し優先的にデッキに入るカードではないと判断しB評価とする。

 

 

スカルデッドロード 2/1/3

【ラストワード】ランダムな自分のフォロワー1体は「【ラストワード】スケルトン1体を出す」を持つ。
【進化後】【ラストワード】ランダムな自分のフォロワー1体は「【ラストワード】ゾンビ1体を出す」を持つ。

 

評価

ローテーション:A

アンリミテッド:B

 

2/1/3スタッツの良効果持ちのカードである。

条件発動ではあるが他フォロワーにスケルトンかゾンビのラストワードを付与することが出来る。

他のフォロワーと並べて出せれば優先的に処理されにくく、スタッツも相まってかなり長く場に残ることが想定されるカード。

ローテーションのネクロマンサー2コスト枠は現状少し不足気味ではあったのでかなり優先的にデッキに組み込まれるであろうことからA評価。

アンリミテッドのネクロマンサーの2コスト枠は激戦区ではあるが現状貴重な2/1/3スタッツのため採用候補にはなると考えてB評価とする。

 

 

ローテーションネクロマンサー総評

ミッドレンジネクロマンサーの大強化。

両カード共に2.3枚の採用が見込める。

一方、リアニメイトネクロはゼウスのスタン落ちもありやや影を潜めることにもなるか。

環境を席捲し続けてきた大正義魔将軍ヘクターのスタン落ちを1か月後の控えているがネクロの復権はあるのか、新パックに期待しよう。

伝統の一戦と呼ばれていたネクロvsドラゴンをもう一度見てみたい。