シャドウバース攻略の最先端

Shadowverseの攻略記事を中心とした最新情報をお届けします。全クラスマスター称号所持。RAGEプレーオフ決勝進出経験あり。毎日更新。

【シャドバ】新カード評価・アディショナルカード評価(ドラゴン)【起源の光、終焉の闇】

今回初となるシャドウバース、シーズン途中の追加要素である新カード、アディショナルカードについて主観的評価を書き連ねたいと思います。
ローテーション・アンリミテッドの各SABCDの5段階評価でいたいと思います。
今回はドラゴンについて書きます。

 

【ドラゴン】

レジェンド 銀氷のドラゴニュート・フィルレイン 2/1/3→2/2/4

ファンファーレ

銀氷の吐息1枚を手札に加える。【進化時】相手のフォロワー1体に1ダメージ。

銀氷の吐息→2コススペ

相手のフォロワー1体を選択する。そのフォロワーがダメージを受けているなら、破壊する。ダメージを受けていないなら、1ダメージ。

 

評価

ローテーション:S

アンリミテッド:S

貴重なドラゴンにおける2/1/3カード。

それだけでなくファンファーレで手札に加わる銀氷の吐息が相当優秀。

場に出すことで相手に有利トレードの概念をなくすことが出来る。

後攻4コスト時に進化することで2面処理も可能となる。

原初ドラゴンとの組み合わせが真っ先に思い浮かび、今後の原初ドラゴンにおいては3枚積みが確定するカードであろう。

また、ランプドラゴンにおいても2コスト枠で採用が考えられる優秀なカードであり、ローテーション評価は文句なしのS評価。

アンリミテッドではやや2コスト帯の競合が激しいが、それでも採用率は上位にくると考えられこちらもS評価とした。

今回のアディショナルカードの一番の当たり枠。しかも可愛い。

 

 

ゴールド 竜鎧の戦士 8/7/7 守護

ファンファーレ

このバトル中、自分のリーダーは「自分がフォロワー以外のカードをプレイするたび、相手のリーダーに1ダメージ」を持つ。(竜鎧の戦士の能力が複数働いた場合、リーダーは同じ能力を複数持つ)

 

評価

ローテーション:B

アンリミテッド:D

ドラゴン8コスト枠としてウロボロス以来の優秀なカードか。

8/7/7守護なのでうまくppブーストしてからの着地は割と容易そう。

効果もリーダー付与で条件も緩く、ランプドラゴンに採用される可能性は十分にある。

現状でドラゴンは原初型かアイナやアジを積んだ疾走系ランプが多いが、今後コンシード型のランプドラゴンに注目される可能性は十分にあり、そうなった場合採用が検討されるカードであろう。

直接盤面に干渉できないのがどこまで響くかといったところではあるが、現状大型守護の突破方法がローテーションでは乏しいので一定の活躍は見込めそう。

コンシード型のランプドラゴンでも確定で3積みされるカードではないだろうということで、ローテーション評価はBとした。

アンリミテッドのドラゴンにこのカードを入れる余裕はないであろうということでアンリミテッド評価はDとする。

 

 

ローテーションドラゴン総評

全体的に大強化。

原初の竜使いドラゴンの大幅強化とランプドラゴンの選択肢の増加。

特にフィルレインはそのカード自体がフィニッシャーとなるわけではないが、序盤から終盤までいつでも強い2コスであり、これからしばらくは3積みされ続けるカードであろう。ビショップのスノーホワイトみたいなイメージか。絵柄が可愛すぎて3枚プレミアムを揃えたくなってしまうレベルで好み。

再びドラゴンの時代になりそうな予感。