シャドウバース攻略の最先端

Shadowverseの攻略記事を中心とした最新情報をお届けします。全クラスマスター称号所持。RAGEプレーオフ決勝進出経験あり。毎日更新。

【シャドバ】新カード評価・アディショナルカード評価(エルフ)【起源の光、終焉の闇】

今回初となるシャドウバース、シーズン途中の追加要素であるアディショナルカードについて主観的評価を書き連ねたいと思います。
ローテーション・アンリミテッドの各SABCDの5段階評価でいたいと思います。
今回はエルフについて書きます。

 

【エルフ】

レジェンド 翠嵐の斧使い 7/6/5 突進

ファンファーレ

このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン終了時、このターン中にカードを3枚以上プレイしていたなら、相手のリーダーに2ダメージ」を持つ。(翠嵐の斧使いの能力が複数働いた場合、リーダーは同じ能力を複数持つ)

 

評価

ローテーション:B

アンリミテッド:D

現状では少々力不足感のあるカード。

高攻撃力に突進がついているため進化なしで場に干渉できるのは最低限仕事が出来るといえば出来ると言えそうではあるが、エルフの5コスト以降は激戦区。

神々の騒乱のエリンやジャングルがスタン落ちした後に環境次第ではミッドレンジエルフやコントロールエルフに採用されるか。

アンリミテッドでは如何ともしがたい。

来期の期待をこめてローテーションではB、アンリミテッドではD評価とする。

 

 

ゴールド 歴戦の鷹匠 2/1/3→2/2/4

ファンファーレ

飛翔する狩鳥1枚を手札に加える。(3/2/1疾走)

進化時

自分の手札の飛翔する狩鳥すべては【必殺】を持つ。

 

評価

ローテーション:S

アンリミテッド:A

ただでさえ強かったローテーションアグロエルフの更なる強化カード。

2/1/3というスタッツが焦点にはなりそう。

刃ネズミを考えれば分かるように、後攻の2/1/3は先行の3/3/2突進に有利処理されると途端に苦しくなる。

そういった意味で2/2/2に劣りはするものの、手札に3/2/1疾走を無償で加えられる点と体力が高いのは茨の森との相性が良く、エルフミラーや茨の森下で対2/2/2を有利トレードできる点など良い面がかなり目に付く。

進化時効果はアグロエルフが苦手としていたヘブンリーナイトなどの大型守護に刺さる場面があるかもしれない程度だが十分活躍の機会はありそう。

ローテーションのアグロエルフには基本的に3枚投入されるであろうカードであり今後の活躍も見込めるということでローテーション評価はS。

アンリミテッドのエルフにはリノセウスという強力なカードが依然として制限にならずに存在し、アグロエルフにおいてもリザなどの優秀な2コストフォロワーとの競合になるため確定で3枚積まれるとは言い難い。選択肢に入る強力なカードであるとは思うためアンリミテッド評価はA。

 

 

ローテーションエルフ総合

アグロエルフの強化とミッドレンジ・コントロールエルフにおける選択肢の増加。

特に歴戦の鷹匠の追加はかなりの強化要素に思われる。